不動産

読み方: ふどうさん
分類: 不動産|概念

不動産は、土地及びその定着物のことをいいます。また、定着物とは、土地の上に定着した物をいい、具体的には、建物以外に、樹木や庭石なども含まれます。

一般に不動産は、田や畑、宅地、山林、原野などの「土地」、および住宅や店舗、工場、倉庫などの「家屋(建物)」のことをいい、また本来は不動産ではありませんが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして、船舶や航空機、鉱業権、工場内の機械などがあります。

なお、不動産の関連語として、主として不動産の売買・交換・賃貸・管理及び、売買・交換・賃貸の代理もしくは仲介などを行う事業のことを「不動産業」と言い、またその事業を行う会社を総称して「不動産会社」と言います。

※土砂は、土地そのもの。
※仮小屋や仮植えの植物、石灯籠など、単に土地の上に置かれているにすぎないとみられるものは、独立の動産。

不動産及び動産の民法の定義(第86条)

1.土地及びその定着物は、不動産とする。
2.不動産以外の物は、すべて動産とする。
3.無記名債権は、動産とみなす。

不動産の不動産登記法の定義(第3条)

不動産 土地又は建物をいう。