ファミリーファンド方式

読み方: ふぁみりーふぁんどほうしき
分類: 投資信託|仕組み

ファミリーファンド方式は、投資信託(ファンド)の運用方式の一つで、投資家(受益者)から集めた資金をまとめてベビーファンドとし、その資金を主としてマザーファンド投資し、実質的な運用をマザーファンドで行なう方式をいいます。具体的には、国内株式型、国内債券型、外国株式型、外国債券型、国内REIT型、外国REIT型など汎用性の高いマザーファンドを設定し、その下に投資家が実際に投資する複数のベビーファンドがぶら下がるという仕組みとなっています。これにより、複数のファンドの資産をまとめることで、規模のメリットを生かした売買コストの削減効果など、効率的かつ合理的な運用が可能になります。

一般にファミリーファンド方式では、投資家はベビーファンドの受益証券を購入し、そこで集められた資金がマザーファンドの受益証券に投資されます。そして、マザーファンドで合同運用された運用成果(収益)がベビーファンドに分配され、その収益がベビーファンドを通して投資家に分配されることになります。なお、本方式の場合、マザーファンドは信託報酬を徴収できないため、ベビーファンドとマザーファンドは原則として、同一の運用会社委託会社)が設立したものとなります。