マザーファンド

英語名: Mother fund
分類: 投資信託|区分

マザーファンドは、「親ファンド」とも呼ばれ、ファミリーファンド方式において、投資信託の運用・管理を効率化する目的から、複数のファンド(=ベビーファンド)の資金を集めて合同運用するためのファンドをいいます。これは、国内株式型、国内債券型、外国株式型、外国債券型、国内REIT型、外国REIT型などの汎用性の高いもので構成され、スケールメリットを活かした運用効率の向上を図る目的で設定・運用されます。また、これに対して、ベビーファンドは、実際にマーケットで投資を行う各マザーファンドの組入比率を、投資方針に合わせて調整することが運用の中心となります。

一般にファミリーファンド方式は、広く活用される可能性のあるマザーファンドを設定し、その下に投資家が実際に投資する複数のベビーファンドがぶら下がるという仕組みになっています。具体的には、投資家がベビーファンドの受益証券を購入し、そこで集められた資金がマザーファンドの受益証券に投資されることになります。そして、マザーファンドの運用成果(収益)がベビーファンドに分配され、その収益がベビーファンドを通して投資家に分配されることになります。