リテール業務

読み方: りてーるぎょうむ
分類: 金融業務

リテール業務は、銀行や証券会社、保険会社などの金融機関の業務の中で、個人や中小企業などの顧客を対象とした小口の業務のことをいいます。これは、金融機関によって、預金やローン、投資信託、株式、債券、保険など、その対象業務は異なりますが、通常、定型化された商品・サービスを幅広く販売(提供)するものとなっています。

一般にリテール業務は、一つ一つの案件の収益は小さいですが、顧客との長期的な関係が築ければ、金融機関にとっては安定した収益源となります。なお、リテール業務に対して、大企業や官公庁(公的機関)などの顧客を対象とした大口の業務のことを「ホールセール業務」と言います。