レートチェック

英語名: Rate Check
分類: 為替介入

レートチェックは、日本銀行が民間銀行に対して、現在の為替レートの水準を聞くことをいいます。これは、外国為替市場のボラティリティが高まって、口先介入でも不十分と考えられる場合に、日本銀行の担当者が民間銀行の為替ディーラーに電話し、対ドルでの現在の円レートの提示を求めることを指します。

一般にレートチェックは、急激な為替変動時において、実際の為替介入の一歩手前の段階であり、一方的な取引を避けるように、市場に対して一種の警告(牽制)として機能しています。なお、日本銀行は常時、為替ディーラーと接触しており、市場の流れやレートに関する普通の会話は、レートチェックとは見なされません。