クレジットカード盗難保険

読み方: くれじっとかーどとうなんほけん
分類: カードサービス

クレジットカード盗難保険は、クレジットカードを盗難・紛失等により不正使用された場合に、その損害を補填する保険をいいます。

クレジットカードの付帯サービスとして最も基本的なもので、全てのカードに付帯されています。また、その保険料については、カードの年会費から捻出されるのが基本ですが、昨今では年会費が永年無料のものも結構あり、その場合にはカード会社の利益から保険料が充当されることになります。

一般にクレジットカードが悪用された場合の損害については、カード会員の負担であることは会員規約の「カード管理」の条文に記載されていますが、その例外的な救済手段として盗難保険の適用があります。この場合、盗難保険で無制限に補償されるというのではなく、補償金額や期間には限度(制限)があります。

◎普通のカードであれば、補償金額は500万円程度で、期間は届出の前後30日間というのが基本とのこと(カード会社によって会員規約の内容が異なり、保険で補填されない部分も負担すると定めているところもあり)。

◎カードの保管状況に問題があったり、カードの保有者が注意を怠ったりして「本人に過失があった」と判断される場合には、保険が適用されないケースもあるので注意が必要。

なお、カードを盗難や紛失した際に、クレジットカード盗難保険を適用してもらうためには、カード会社と警察の両方に届け出を行い、その旨の証明を受けることが必要となります。