マークアップ価格設定

読み方: まーくあっぷかかくせってい
分類: 価格

マークアップ価格設定は、「マークアップ方式」とも呼ばれ、仕入原価に"ある一定の利益率"または"利益額"を加えて価格を設定する方式をいいます。

主に小売業者や卸売業者による売価決定方式であり、コストを基本に置き、企業が安定した利益を得ることを目的として価格を決める「コスト志向型価格設定」となっており、また「コストプラス方式(原価加算法)」の変種と言えます。

一般にマークアップ方式では、売り手となる企業側にコストダウンが意識されにくいという問題点があり、通常、本方式は需要に対して供給が不足する売り手市場の場合か、もしくは市場での競争が激しくない場合に限って有効な方式と言えます。

なお、基本的な価格設定法には、「コスト志向型価格設定」の他に、「需要志向型価格設定」と「競争志向型価格設定」があります。