藤沢武夫(本田技研工業)

藤沢武夫(ふじさわたけお)氏は、本田宗一郎氏と共に本田技研工業(HONDA)を世界的な大企業に育て上げた、日本の実業家(1910年11月10日-1988年12月30日)です。第二次世界大戦後、「浜松の発明狂」として既に業界で有名だった本田宗一郎氏と知り合い、1949年(昭和24年)に本田技研に常務として参加し、技術は本田氏・経営は藤沢氏という分業責任体制のもと 参加当時は中小企業だった本田技研を世界的な大企業へと発展させ、その基盤を作りました。

そして、日本の高度経済成長が終わる1973年(昭和48年)に、後継育成を見極めた副社長の藤沢氏が社長の本田氏と共に退任し、取締役最高顧問となりました。この創業25周年を前にしての両者の潔い現役引退は、当時最高の引退劇と評されました。

藤沢武夫の基本情報

藤沢武夫氏は、自分でも日本機工研究所という会社を起業し、中小企業を経営していましたが、本田氏との出会いにより「夢のある技術を持った男と組んでモノを売りたい」と思い、自分の会社を売って本田技研に参加し、その資金を使いました。

生没 1910年11月10日-1988年12月30日(享年78歳)
出身 東京市(現在の東京都区部)
学歴 旧制京華中学校
就職 三ツ輪商会(鋼材小売店)・・・1934年(23歳)
起業 日本機工研究所(鋼材→製材)・・・1939年(28歳)
盟友 本田宗一郎
著書 経営に終わりはない、松明は自分の手で 他

藤沢武夫の事業年表

藤沢武夫氏が38歳、本田宗一郎氏が42歳の時に、二人は商工省技官の竹島弘氏の紹介で運命の出会いを果たし、世界のホンダへの道を共に進み始めました。また、対外的には、本田氏が前面に出る一方で、藤沢氏が会社の屋台骨を支える経営を実質的に行っていました。

20-29歳 1934年(23):三ツ輪商会に就職→営業で頭角
1939年(28):日本機工研究所を設立し、中小企業を経営開始
30-39歳 1949年(38):本田氏と出会い、本田技研に参加
1950年(39):東京・八重洲に営業所を開設
40-49歳 1952年(41):専務に就任
1954年(43):本田技研が株式公開、マン島TTレースに出場宣言
1955年(44):二輪車生産台数が国内第1位
1958年(47):超ロングセラー「スーパーカブ」発売
50-59歳 1963年(52):ベルギーで二輪車の生産開始、四輪事業を開始
1964年(53):副社長に就任
1968年(57):軽自動車Nシリーズ国内販売台数1位
60-69歳 1972年(61):シビックを発売
1973年(62):本田氏と共に第一線を退き、取締役最高顧問

藤沢武夫の人物像と言葉

藤沢武夫氏は、洒落た紳士的な雰囲気を持つ一方で、仕事に対しては非常に厳しかったそうです。また、隠居後は、自分からホンダの経営に口出しをせず、文化芸術人との世間話を楽しむなど風流人として過ごしたそうです。

・「白鶴高く翔びて群を追わず」・・・藤沢氏が好きな言葉
・本田宗一郎は必ず世界一になるような商品を作るだろう。それをいかに売るかが私の仕事なんだ。
・たとえ最初は苦しくとも、松明は自分の手で揚げて進もう。
・世の中には、万物流転の法則がある。どんな富と権力も、必ず滅びるときが来る。この掟を避けて通ることができるか?
・常識ってのは、人間が考えたことだ。それを疑って、打ち破っていくのが進歩なんだね。
・経営者とは、一歩先を照らし、二歩先を語り、三歩先を見つめるものだ。
・ホンダの社長は、技術畑出身であるべきだ。

藤沢武夫の関わった「本田技研工業」

本田技研工業は、本田宗一郎氏と藤沢武夫氏のリーダーシップにより、世界的な自動車・バイクメーカーへと発展しました。

会社名 本田技研工業株式会社 〔Honda Motor Company, Limited〕
創業者 本田宗一郎
設立 1948年(昭和23年)9月
事業内容 クルマ、バイク、汎用製品 他
基本理念 人間尊重(自立、平等、信頼)
三つの喜び(買う喜び、売る喜び、創る喜び)
上場 東証1部、NYSE

生誕別区分

業種別区分