黒三山

【読み方:くろさんざん、分類:酒田五法】

黒三山は、相場の底付近に出現した3本の連続する陰線において、中央にある2本目の陰線が他の2本よりも下離れしている形状をいいます。

酒田五法の5つの法則の一つである「三山」の逆の解釈(逆三山)の一つで、ある程度の時間を費やした下落相場の底付近に「黒三山」が現れた場合、相場が下落から上昇に転じた可能性が高いことを示唆します。

黒三山の例

なお、逆三山とは、下落相場の終盤でを形成するとされる、三連の逆山型(谷型)の形状(チャートパターン)をいいます。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集