陰の丸坊主

【読み方:いんのまるぼうず、分類:ローソク足】

陰の丸坊主は、上ヒゲ下ヒゲのない大陰線をいいます。

ヒゲが全くないことに由来する呼称で、特に明確な基準はなく、過去のチャートの中で出てきたヒゲのない陰線と比べて、明らかに実体が長い場合に「陰の丸坊主」と認識することが多いです。

陰の丸坊主の例

一般に陰の丸坊主は、その日の始値から終値まで、途中で上げが若干あったとしても、売り圧力が優勢でほぼ一本調子に下げていったことを示すため、相場が弱気で翌日も続落が予想され、「売りサイン」と言われます。また、上昇中に現れれば下落転換、下落中に現れればさらなる下落を暗示すると言われます。

ただし、売買高を伴っていない時は、ダマシの可能性もあるのでご注意ください。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集