三手大陰線(三手大黒線)

【読み方:さんてだいいんせん、分類:三本足】

三手大陰線は、「三手大黒線」とも呼ばれ、チャートの中で、3本連続して大陰線が出現したものをいいます。

酒田五法では、下降トレンド(底値圏)で、三手連続で大陰線が出た場合、以下のような根拠により、相場の底入れを暗示し、「買いシグナル」と考えられています。

・何らかの要因で売り物が一気に放出されたようだ
・2本目と3本目の大陰線において、終値こそ前日比マイナスであるが、始値は前日比プラスのため、徐々に買いが出てきたようだ
・含み損が膨らんだ買い玉が整理されたようだ

三手大陰線の例

一般に三手大陰線を買いシグナルとして判断する場合、底値圏で発生している、大陰線の並びで中途半端に窓を開けていない、下ひげを伴っているといった点に注意するとよいでしょう。また、翌日に陽線が出たら、売りも尽き、買い方の反撃が始まったと見ることもできます。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集