iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

三尊天井

【読み方:さんぞんてんじょう、分類:酒田五法】

三尊天井は、「ヘッド・アンド・ショルダーズ」とも呼ばれ、三つの山形を作り、中央の山が最も高くなるよう形状をいいます。

酒田五法の5つの法則の一つである「三山」の解釈の一つで、相場において、高値圏で時折見られる形状であり、二回目の高値が一回目の高値を一度は超えるも反落し、その後、再び高値更新を目指すも、三回目の高値が二回目の高値を超えられず下落してしまう値動きとなっています。

三尊天井

一般に三尊天井は、チャート上で頻繁に現れないため、ダブルトップより強いトレンド転換(下降トレンド入り)のサインと言われ、特に高値圏(天井付近)で出現した場合は、高い確率で強力な売りシグナルとなります。

なお、三山とは、上昇相場の終盤で天井を形成するとされる、三連の山型の形状(チャートパターン)をいいます。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集