株式市場とは何か?

株式市場(Stock Market)は、株式の発行と売買が行われる市場の総称をいいます。これは、広義には株式が取引される市場であり、新株発行を通じて資金が調達される「発行市場」と、既発行株の売買が行われる「流通市場」から構成されます。また、債券市場と共に、「証券市場」を構成しています。なお、狭義で株式市場と言った場合は、流通市場のことを指します。

一般に資産運用において、株式や株式ファンド、ETF(上場投信)などで運用する際には、株式市場をチェックする必要があります。現在、日本においては、証券取引所が取引の中心となっていますが、昨今では、取引所外のPTS取引も拡大傾向にあります。ここでは、株式市場の基本事項について、簡単にまとめてみました。

※PTS:"Proprietary Trading System"の略で、私設取引システムのこと。

株式市場の現物市場とデリバティブ市場

株式市場(流通市場)は、取引内容によって、「現物市場」と「デリバティブ市場」に分類されます。(下記は、日本株の市場)

|現物市場|
現在、東京証券取引所名古屋証券取引所福岡証券取引所札幌証券取引所で、現物取引や信用取引などが行われており、この中でも東京証券取引所の市場第一部(東証1部市場)が取引の中心となっている。また、昨今では、取引所外のPTS取引も利用されるようになっている。

|デリバティブ市場|
現在、大阪取引所において、株価指数先物や株価指数先物オプション、有価証券オプションが取引されている。

株式市場の主要指標

株式市場の主要指標としては、米国や欧州、日本、中国などの代表的な株価指数が注目されています。

日経平均株価(日本)|
東証1部に上場する銘柄の内、市場を代表する225銘柄を対象とした株価指数。

TOPIX(日本)|
東証1部に上場する全ての日本企業を対象とした、浮動株ベースの時価総額加重型で算出される株価指数。

NYダウ(米国)|
「ダウ平均」や「ダウ工業株30種」とも呼ばれ、米国を代表する優良30銘柄を選出して指数化した株価指数。

S&P500(米国)|
米国の証券取引所に上場されている代表的な500銘柄で構成される株価指数。

NASDAQ総合指数
NASDAQに上場する、米国および米国外の全上場銘柄で構成される時価総額加重平均指数。

FTSE100(英国)|
ロンドン証券取引所に上場する時価総額上位100銘柄で構成される株価指数。

DAX指数(ドイツ)|
フランクフルト証券取引所の上場銘柄の内、ドイツ企業の優良30銘柄を対象とした浮動株調整時価総額加重型の株価指数。

上海総合指数(中国)|
人民元建てA株(上海A株)と外貨建てB株(上海B株)の両方に連動する日中価格パフォーマンスを表す株価指数。

ハンセン指数(香港)|
香港証券取引所で売買される銘柄のうち、主要銘柄を時価総額加重平均で算出した株価指数。

株式市場の参加者

株式市場では、日々、以下のような参加者が多様な取引を行っています。

・証券会社、銀行
・機関投資家(年金、投信、信託、生損保 他)
・ヘッジファンド
・外国人機関投資家
・個人投資家
・一般企業
・日本銀行(ETFの買入)
・仕手筋 他

株式市場の変動要因

株式市場の変動要因として、以下が挙げられます。

・その時々のマーケットテーマ
・市場参加者の投資マインドと動向
-外国人、ヘッジファンド、仕手筋、投信、年金・・・
・株式の需給バランス
・ファンダメンタルズ
-国内景気、海外景気、世界経済動向・・・
・将来の金利動向
・株式指標の動向
-日経平均、TOPIX、出来高、売買高、騰落レシオ
-NT倍率、裁定残高、信用倍率、評価損益率・・・
・個別株指標の動向
-PER、ROE、EPS、PBR、配当利回り・・・
・材料となるニュース
・テクニカル要因 他

株式市場の視点

株式市場は、経済の一つのバロメーターであり、マクロ的要因からミクロ的要因まで幅広く織り込み、その値動きは、様々な要因が複雑に絡み合い、影響し合っています。

一般に株式市場を見る場合、「短期的な動き」と「中長期的な動き」の2つに注意することが必要です。前者の短期的な動きについては、その時々の投資マインドや株式の需給関係、投資家動向、個別材料などがポイントになり、また後者の中長期的な動きについては、ファンダメンタルズや中長期的な企業業績などがポイントになります。