損害保険とは何か?

損害保険は、英語で「Non-life Insurance(ノンライフ・インシュアランス)」と呼ばれ、一定の偶然の事故によって生じた損害を填補する保険の総称をいいます。これは、人の保険である「生命保険」に対して、主として物または財の保険であると考えられ、その種類には、火災保険や自動車保険、自賠責保険、傷害保険、賠償責任保険、海上保険、運送保険などがあります。

一般に損害保険では、保険の対象の保険価額を最高限度額として、一定期間内に発生することが予測される偶然の事故や災害によって保険の対象が損傷した場合、事故直前の保険価額と契約金額との割合をもとに実損額を補償する保険であり、その特長として、原状回復または補償という機能を持っています。

損害保険の基本事項

損害保険とは、偶然の事故(自然災害、火災、自動車事故、海難事故・・・)により生じた損害を填補する保険をいいます。これは、損害保険会社で取り扱われ、大きく分けて、自動車保険や火災保険などの「ノンマリン分野」と、貨物保険や船舶保険などの「マリン分野」の二つがあります。

・偶然な事故や災害などのリスクに対処するもの
・リスクプランニングの有効な手段

<保険法第2条6号:損害保険契約>

保険契約のうち、保険者が一定の偶然の事故によって生ずることのある損害をてん補することを約するものをいう。

※日本の保険法では、定額保険である「生命保険」に対するものとして損害保険を規定しているため、損害保険の英訳は「non-life insurance(生命保険以外の保険)」となっている。

日常生活の中に潜むリスクと対策

日常生活の中で、ある日、突然起こるかもしれない災害や事故などの「リスク」と、それをカバーする「対策(保険)」は、以下のようになっています。

・災害(火災、地震、水害 他)
-火災保険、地震保険・・・
・事故(自動車事故、ケガ、賠償責任 他)
-自動車保険、普通傷害保険、個人賠償責任保険・・・

損害保険の個人向け商品

現在、損害保険会社が提供する、個人向けの代表的商品には以下があります。

|自動車保険|
自動車の所有や使用、管理に関連して生ずる損害を填補するための保険。これには、「自動車任意保険(任意保険)」と「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」の2つがあり、通常、自動車保険と言った場合は「任意保険」を意味することが多い。

火災保険
火災や落雷、破裂、爆発、風水害などによって、建物や家財などに損害が生じた場合に、その損害をてん補する保険。

地震保険
住居に使用される建物および家財を対象とし、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償する地震災害専用の保険。

普通傷害保険
家庭内や職場内、通勤途上、スポーツ中、旅行中などの日常生活の中で起る様々なケガを補償する保険。

海外旅行傷害保険
海外旅行中の傷害(ケガ・損害他)を総合的に補償する保険。

個人賠償責任保険
日常生活の中で偶然の事故により、他人にケガをさせたり、他人が保有しているモノを壊したりするなど、法律上の損害賠償責任を負った場合に、被害者に対して支払うべき損害賠償金等に備えることができる保険。

損害保険の加入方法

損害保険の加入方法には、通常、以下のような経路があります。

・損害保険代理店やディーラーなどを通して加入(代理店扱)
・保険仲立人を通して加入(仲立人扱)
保険会社の社員を通して加入(直扱)

※新聞・雑誌またはテレビの広告やインターネットを活用して保険会社が直接募集を行う通信販売なども直扱に含む。

損害保険の保険料率の仕組み

損害保険の保険料率は、純保険料率付加保険料率から構成されます。

保険料率 = 純保険料率 + 付加保険料率

・純保険料率:保険金部分
・付加保険料率:社費等

損害保険の保険契約者保護制度

日本では、損害保険会社の経営が破綻した場合に備えた保険契約者保護のための制度として「損害保険契約者保護機構」があります。現在、損害保険契約者保護機構では、万一の場合に支払われる保険金について補償することを重視しつつ、個人分野の保険を中心に保護することとなっています。(補償割合は、保険契約毎に異なる)