外国為替証拠金取引のマージンコールとロスカット

外国為替証拠金取引(FX)では、レバレッジを利かせた取引をした場合、大きな損失が生じる可能性があり、そのような事態に備えて、顧客が預けた証拠金がゼロにならないようにするために、取引会社の方で「マージンコール」と「ロスカット」といった2つのリスク管理の仕組みを用意しています。

現在、マージンコールについては、全ての会社が用意している訳ではありませんが、ロスカットについては、ほぼ全ての会社が用意しています。また、この2つの仕組みをよく理解しておかないと、相場が大きく動いて自分の予測が外れた場合に、ポジションに大きな評価損が発生して、思わず慌てることになります。

一般にFXは、レバレッジのかかった証拠金ベースの取引であり、また外国為替市場は24時間休みなく動いているので、自分が寝ている間に思わぬ損失が発生する可能性が常にあります。そのため、リスク管理の仕組みである「マージンコール」と「ロスカット」の仕組みは、取引を始める前に、しっかりと理解しておくことが大切です。

マージンコールとは?

マージンコールは、外国為替証拠金取引(FX)において、評価損が大きく膨らんで維持証拠金が少なくなった時(取引会社が指定する水準になった時)に、「追加証拠金発生の通知」のことをいいます。これは、ロスカットにならないようにするための最初の予防策ですが、取引会社によっては用意(提供)していないところもあるので、事前にご確認ください。

実際にFXの初心者が、いきなりレバレッジ一杯で取引を行い、相場予測が外れて大きな評価損を抱え、マージンコールの意味(対応)も分からない内に、ロスカットが自動的に行われて、証拠金を大きく失ったという例は結構あるようです。

マージンコールの発生時の対応手段

相場の予測が大きく外れたり、また相場が急激に変動したりして、マージンコールが発生した場合、対応する手段としては以下の2つがあります。

・追加証拠金(新たな資金)を入金する
・ポジションを縮小して担保余力を高める

ロスカットとは何か?

ロスカット(自動ロスカット)とは、外国為替証拠金取引(FX)において、取引会社が用意したリスク管理の仕組みで、「自動的な損切り」のことをいいます。これは、予め設定されたロス(損失)の範囲まで相場が動いた時に、自動的に反対売買が行われて損失を限定するものとなっています。

・証拠金を全額失わないための安全装置
・強制的な反対売買(強制決済)

ロスカットになるとどうなる?

ロスカットになると、評価損が実現損となり、預けた証拠金が大きく減ることになります。実際にFXの初心者が、いきなりレバレッジ一杯で取引を行い、予測が外れて大きな評価損を抱え、いつの間にかロスカットが自動的に実施されて、資金を大きく失ったという例は結構あるようです。