iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

新株落ち

読み方: しんかぶおち
分類: 権利

新株落ちは、上場株式において、増資や株式分割などによる新株割り当ての権利が得られる最終取引日(権利付最終日)が過ぎて、新株を取得する権利がなくなった状態をいいます。

増資
会社の資本金を増やすこと。

株式分割
既に発行されている株式を均等に細分化して、資本金を変えずに発行株数を増やすこと。

また、似たような用語で、配当を受ける権利が権利付最終日の翌営業日をもってなくなることを「配当落ち」と言います。通常、株式取引において、「権利落ち」と言った場合は、配当落ちではなく、「新株落ち」を意味することが多いです。