ミスターマーケット

英語: Mr. Market
分類: 株式市場

ミスターマーケット(Mr. Market)は、米国の経済学者で投資家のベンジャミン・グレアム(1894-1976)が創りあげた架空の人物で、株式市場のたとえをいいます。

世界的な投資家であるウォーレン・バフェットは、コロンビア大学でグレアムから、株式投資で追いかけるものは「株式市場」ではなく「会社」であることを学び、その重要性を認識して大成功し、長年、バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の株主にも、ミスター・マーケットの話をしてきました。

一般にミスターマーケット(株式市場)は、多くの投資家を惑わすものですが、ベンジャミン・グレアムは著書「賢明なる投資家(Intelligent Investor)」の中で、以下のように述べています。

「株式市場は、情緒不安定なパートナー『ミスター・マーケット』みたいなものです。ミスター・マーケットは毎日、会社を売り買いしてもらうために値段を提示してきます。とんでもない値段をつけてくることもありますが、何度断っても、次の日にはまた違う値段を提示してくるのです」