デカコーン

英語名: Decacorn
分類: 概念

デカコーンは、「デカコーン企業」とも呼ばれ、株式評価額(時価総額)が100億ドル以上と評価される、未上場のベンチャー企業のことをいいます。これは、米国で短期間で時価総額が10億ドルを超えるユニコーン企業がいくつも登場する中、2017年頃から新たな基準として使われ始めたもので、Uber(ウーバー)やAirbnb(エアビーアンドビー)などが代表例として挙げられます。

ちなみに、本用語(Decacorn)は、「Deca(10倍を意味する接頭語)」と「Unicorn(伝説の一角獣)」を組み合わせた造語となっています。