現物株

読み方: げんぶつかぶ
分類: 株式区分

現物株は、「現物株式」とも呼ばれ、現物取引で取得した株式をいいます。これは、投資家の自己資金で取得したものであることから、株式の所有者(株主)となり、配当金を受け取ったり、株主総会に参加することができます。

一般に現物取引は、信用取引(信用買い)とは異なり、返済期限や買方金利などがなく、また運用面で投資額(購入額)以上の損失が出ないことから、相対的にリスクが低く、株式をじっくりと保有することができます。