ちょうちん

読み方: ちょうちん
分類: 俗語

ちょうちんは、自分の相場観ではなく、有力投資家の売買を材料に、付和雷同して同じような動き(真似した売買)をすることをいいます。これは、自ら進んで他人の手先に使われたり、また頼まれもしないのに他人やその人に関わる物事を褒め宣伝する「提灯(ちょうちん)を持つ」が語源とのことで、またマーケットにおいて、真似をして買うことを「ちょうちん買い」、真似をして売ることを「ちょうちん売り」、真似をして相場を張ることを「ちょうちん張り」と言います。