売りあき

読み方: うりあき
分類: 心理

売りあき(売り飽き)は、「売り疲れ」とも呼ばれ、マーケット全般で使われる用語で、「売りに飽きて(厭きて)いる」という表現に由来するものです。

具体的には、マーケットにおいて、相場の下落を予想して売り続けたものの、予想に反して相場が下がらず、売り意欲が次第に鈍ること、または売りが一方的に人気化した後、物色動向が一時的に落ち着き、売り意欲が薄れることをいいます(後者の場合、トレンドに変化はないものの、出来高が一時的に減少することもあり)。

また、売りあきは、投資心理として一種の嫌気症状ですが、何か悪材料が出た時に売りを行う「嫌気売り」とは性質が異なります。

一般にマーケットでは、売り物が多ければ、相場は下げ歩調となりますが、ずっと下げ続ける訳ではなく、時間の経過と共に売り物が次第に減っていき、相場の下がり方は鈍化していきます。なお、売りあきとは反対に、買い意欲が次第に鈍ることを「買いあき」や「買い疲れ」と言います。