ぼんやり

読み方: ぼんやり
分類: 商い

ぼんやりは、マーケット全般で使われる用語で、主に相場が下落している状態の時に使われ、相場に活気がなく、下げ気味で「気が抜けたような状態」のことをいいます。

ちなみに、本用語は、国語辞書では、「はっきりしないさま、何もせず活気がないさま、気のきかないさま(間のぬけているさま)、あっけにとられているさま」といった意味です。