記番号

読み方: きばんごう
分類: 貨幣

記番号は、個々を区別するために用いられる、アルファベットと数字の組み合わせをいいます。これは、日本銀行券においては、紙幣(お札)の背番号のようなもので、同じ種類のお札には、全て違う記番号が印刷されています。

<日本銀行券の記番号>

・6桁のアラビア数字を挟んで、アルファベットが頭に1ないし2文字、末尾に1文字が組み合わされ、「A123456Z」や「CD888888E」というように表される。

・アルファベットは全部で26文字あるが、I(アイ)とO(オー)は数字の1と0に間違いやすいため、IとOを除く24文字が使われている。また、数字は「000001」から「900000」までの90万通りが使われている。これらの組み合わせにより、記番号は129億6千万枚で一巡する。

・記番号の組み合わせを全て使い切ると、お札の記番号の色を変える。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。