PBO

読み方: ぴーびーおー
英語: Projected Benefit Obligation
分類: 退職給付

PBOは、"Projected Benefit Obligation"の略で、日本語では「予測給付債務」とも呼ばれます。

具体的には、退職金制度に基づき、従業員の現時点までの勤務期間に割り当てられた給付額について、制度が存続することを前提に、かつ予測される将来の昇給・退職等の事象が生じる見込みを反映して算定された、数理的現価(認識時点までに発生していると認められる債務)を指します。

一般にPBOは、確定給付型の制度の債務評価に利用される概念の一つで、米国の年金会計基準(FAS87)や国際会計基準(IAS)においても採用されています。また、日本の退職給付会計では、通常、「退職給付債務」という用語が使われており、その計算方式は同様ですが、原則として期間比(期間定額基準)により計算されます。