選択一時金制度

読み方: せんたくいちじきんせいど
分類: 企業年金

選択一時金制度は、年金制度において、給付を年金で受取るか、一時金として受取るかを選択できる仕組み(制度)のことをいいます。これは、いつの時点で選択するのか、どれくらいの割合を一時金にするのかなどは、年金規約等によって異なります。

一般に厚生年金基金確定給付企業年金などの企業年金制度では、年金規約に定められている場合、受給権者年金給付に代えて、年金現価相当額(通常は保証期間部分の年金現価相当額)の全部または一部に相当する額を一時金として受け取ることができます。また、確定拠出年金においても、規約などにおいて、一時金としての受給を定めることができます。

例えば、厚生年金基金の給付のうち代行部分は、老齢厚生年金を代行するものであるため、年金でしか受け取れませんが、一方で基金独自の上乗せ部分は、本人の希望に応じて年金で受け取るか一時金で受け取るかを選択する給付設計が可能になっています。