寄棟屋根

読み方: よせむねやね
分類: 屋根

寄棟屋根は、屋根形式の一種で、二つの三角形と二つの台形の屋根から構成される四方向に傾斜がある屋根をいいます。これは、山形の屋根の切妻屋根と共に、日本でポピュラーな屋根となっています。また、屋根とは、建物の上部につけた覆いの部分をいいます。

一般に寄棟屋根は、その落ち着いた印象により、現代和風住宅から洋風住宅、都市型住宅まで、多様な外観スタイルにマッチします。また、バルコニーともバランス良く、まとまりやすいです。なお、切妻屋根に比べると、雨仕舞いが良いとされますが、切妻屋根のように妻側のがないことから小屋裏換気口を設けにくく、換気に注意が必要になります。