束柱(束)

読み方: つかばしら
分類: 垂直材

束柱は、「束」とも呼ばれ、短い縦材(垂直の部材)の総称をいいます。これは、木造建築において、棟木との間や床下など様々な部位に用いられており、床束や小屋束、真束、けんとう束、えび束、大へい束などがあります。この中で、床束は、束石の上に立ち、を支えている大引きを支えるもので、床にかかる荷重を地盤に伝える役目をします。また、小屋束は、屋根組の母屋を支え、屋根の荷重を梁に伝える役目をします。