垂木

読み方: たるき
分類: 屋根

垂木は、建物の屋根部分の骨組みである小屋組を構成する部材で、屋根棟木から軒桁にかけて斜めに取り付けられ、野地板を支えるための下地となる構造材のことをいいます。

一般に垂木の断面寸法は、その屋根の葺く材料の重さやの出の寸法によって決められ、また在来工法の場合は「ヒネリ金物」、ツーバイフォー工法の場合は「ハリケーン帯」と呼ばれる金物でに対してしっかりと止められています。なお、垂木には、その種類として、屋根の下地に打たれる「野垂木」と、室内からも見える「化粧垂木」があります。