大引き

読み方: おおびき
分類: 水平材

大引きは、木造住宅の床組の重要な部材で、根太(ねだ)を支えるための横架材のことをいいます。これは、一般的には9~12cm角程度の角材が使用され、90cm間隔程度で土台などに架け渡され、床束束石に支えられています。通常は、大引きと直角にする形で根太が乗り、床板を張って仕上げますが、床板に充分な厚みがある場合は根太を取り付けず、大引きに直接床板を張って仕上げることもあります。