新興株式市場

読み方: しんこうかぶしきしじょう
分類: マーケット|取引市場

新興株式市場は、創業まもない新興企業(ベンチャー企業)向けの株式市場をいいます。これは、取引所の上場基準を緩和し、成長性は高いと見られるものの、実績が十分ではないベンチャー企業等に上場による資金調達の場を提供し、成長を後押しすることを目的に開設された株式市場です。現在、日本においては、東証ジャスダックマザーズ名証のセントレックス、札証のアンビシャス、福証のQボードの5市場があります。

一般に新興株式市場は、東証1部・2部の企業に比べて、事業規模は小さいものの成長途上にある企業が数多く上場しており、また上場基準は比較的緩やかで、株主数や株式時価総額などの基準は小さいといった特徴があります。例えば、東証マザーズなどは、業績が赤字でも上場が可能で、審査では成長性が重視される傾向があり、創薬ベンチャーなど創業後しばらくは黒字化が難しい業種でも上場して資金調達ができるといった利点があります。また、日本の株式市場(資本市場)の中では、新陳代謝を高める役割を果たしており、ある程度成長すると、上場市場を東証1部などに変更する企業も多いです。

なお、日本の新興株式市場の動きを見る代表的な株価指数として、日経ジャスダック平均東証マザーズ指数などがあり、日経平均株価東証株価指数(TOPIX)などとは異なる動きをすることもあります。