ブッシェル(bushel)

英語名: bushel
分類: マーケット|単位

ブッシェル(bushel)は、ヤード・ポンド法における体積(容積)の単位で、主に穀物の計量(量または重量を計る単位)に用いられるものをいいます。これは、米国などで穀物の運搬や貯蔵に円筒状の容器(桶)を使っていたことから、その桶の容量を1ブッシェルと呼ぶようになり、今日では、国際市場での取引単位として使われています。

一般に1ブッシェルは「8ガロン」と定義されますが、他の体積の単位と同様、米国と英国で値が若干異なり、米国では1ブッシェル=35.23907017リットルなのに対して、英国では1ブッシュル=36.36872リットルとなっています。また、米国の単位を「ウィンチェスター・ブッシェル」、英国の単位を「インペリアル・ブッシェル」と呼ぶこともあります。

現在、ブッシェルは、日常的には、「体積(容積)の単位」というよりも「質量(重量)の単位」として用いられることが多いです。この場合、品目毎に1ブッシェル当たりの重量は異なり、トウモロコシでは約25.4kg、大豆と小麦では約27.2kgとなります。なお、シカゴ商品取引所(CBOT)に上場する大豆やとうもろこし、小麦などの穀物は「ブッシェル単位」で取引されていますが、これらは容積ではなく重量で取引されています。

ちなみに、ブッシェル(bushel)の古くの語源は「手の幅」を意味するケルト語と言われており、次第に穀物の箱詰め作業を指すようになった後、木製の「桶1杯分」の意味で使われるようになったそうです。