Hermes(ハーミーズ)

英語名: Hermes
分類: マーケット|機関投資家

Hermes(ハーミーズ)は、世界的に知られた、英国を代表する大手機関投資家をいいます。これは、1983年にBT(ブリティッシュ・テレコム)とロイヤルメイルの合弁会社のポステル・インベストメント(PosTelInvestment)として設立され、その後、BTPSの100%子会社となり、今日では、ハーミーズ・ファンド・マネージャーズ(Hermes Fund Managers Limited)を中心に、複数の子会社と共に運用業務等を行なっています。また、BTPSとは、BTグループの年金基金として、確定給付年金業務を行なっており、その位置づけは、BT社の企業グループから独立した組織で、「トラスティー」と呼ばれる理事会によって管理・運営されています。

現在、ハーミーズは、BTPSの主要な運用者ですが、それ以外にも多くの顧客から年金運用の受託を行っています。また、年金運用の他にも、自らが「スチュワードシップ(世話役)」と呼ぶ、投資先のモニタリングビジネスを積極的に進めており、BTPSをはじめ、英国や欧州などの大手年金基金に対して、ガバナンス関連サービス子会社のハーミーズEOS(Hermes Equity Ownership Services Limited)を通じて、議決権の行使判断やエンゲージメント(企業との対話)などのサービスを提供しています。なお、この活動については、投資先の一つである日本でも行われおり、毎年、「日本向けコーポレート・ガバナンス原則(Corporate Governance Principles Japan)」が公表されています。

<ハーミーズが特別に関心を持っている4つの分野>

・アカウンタビリティ:株主との開かれた対話
・効果的で適切な取締役会の構成
・効率的な資本マネジメント
・株主利益の保全