レプワラ

英語名: Representation and Warranty
分類: 契約

レプワラは、「Representation and Warranty」の略で、日本語では「保証表明」とも訳され、契約締結当事者により、一定の内容に関する真実を表明し、かつ保証するものをいいます。これは、欧米の取引慣行から来たもので、ある契約に関して、一方の当事者が他方の当事者に対して、ある特定時点における事実関係が真実であることを宣言するものであり、M&Aや不動産取引、プロジェクトファイナンスアセットファイナンスなどにおいて用いられています。

一般にレプワラは、それ自体は単に事実関係を宣言したものにすぎませんが、その内容が真実でない(条項に違反や虚偽がある)と判明した場合には、保証表明した相手方に責任を取らせるために、契約の解除や期限の利益喪失、損害賠償などの一定の法的効果を生じる条項が適用されるように契約内容が設計されます。