プライシング

英語名: Pricing
分類: 会社・経営|マーケティング

プライシングは、製品やサービスの価格(取引値段)を設定することをいいます。これは、マーケティングミックス(Product、Price、Place、Promotion)の一つで、簡単に言えば「値決め」であり、売上の最大化や目標利益率の達成、価格の安定化、市場シェアの維持・拡大、顧客の需要、競合企業への対応などを考慮して行われます。

一般にプライシングの手法には、企業側の視点では、コストに一定の利益を上乗せして販売価格とする「コストプラス法」、製造原価に一定額または一定率の利幅を上乗せして販売価格とする「マージン率によるコストプライス法」、仕入原価に一定のマージンを上乗せして販売価格とする「マークアップ率によるコストプライス法」などがあります。また、顧客側の視点では、顧客の需要に基づき、どの程度のカスタマーバリュー(顧客が出してもよいと思う価格)を推測して販売価格を決める「需要志向型価格設定法」などがあり、昨今では、顧客側の視点がより重視されるようになっています。

なお、新製品の導入期の代表的なプライシング戦略としては、市場シェアを獲得するために、価格設定をコスト以下、またはコストと同水準に抑えることで、競合他社の追随を断念させる「ペネトレーション・プライシング(市場浸透価格設定)」と、早期の資金回収を目的に、製品ライフサイクルの初期段階で価格を高く設定する「スキミング・プライシング(上澄吸収価格設定)」があります。