シニアマネジャー

英語名: Senior Manager
分類: 会社・経営|組織

シニアマネジャーは、企業によって定義が結構異なりますが、課長より上の地位の役職をいいます。これは、外資系企業では、従業員格としてディレクターに次ぐ役職を意味する場合が多く、また日本の企業では、次長と課長の中間程度の役職を意味する場合が多いです。(シニアとは、「上級」という意味がある)

一般にシニアマネジャーは、30代から40代くらいでなる人が多く、企業を支える中間職であると共に、現場を統括・管理する責任者であり、高いコミュニケーション力とマネジメント力が必要となります。なお、外資系企業では、若くして職務上の重責を担うことが多く、また顧客企業の役職との格合わせのために、実際の格より上位の名称を用いることが多いです。