タコ配/蛸配当

読み方: たこはい
分類: 会社・経営|配当

タコ配は、「蛸配当(タコ配当)」や「タコ足配当」の略で、企業(株式会社)において、実際には配当に必要な利益が出ていないにも関わらず、無理に配当を行うことをいいます。これは、通常、保有資産を売却したり、積立金を取り崩したりして、自社の資産を食いつぶして配当が行われる行為で、その様子が「食べ物がなくて飢えたタコが自分の足を食べる姿に似ている」ことから「タコ配」と呼ばれます。

現在、会社法の規定では、剰余金の配当は、貸借対照表上の純資産額から、資本の額や資本準備金利益準備金などを控除した帳簿価額の総額を限度として行うことと定められています。一方で、タコ配は、法律上の規定に違反し、利益があるように見せかける「粉飾決算」などによって行われることがあります。この場合、その剰余金の分配は無効(違法)であり、企業は株主に対してその返還を請求でき、また債権者は株主に対してその返還を直接請求できます。