種類株式(種類株)

読み方: しゅるいかぶしき
英語名: Classified stock
分類: 会社・経営|株式

種類株式(種類株)は、株式の権利内容が異なる株式のことをいいます。これは、配当の支払いや株主総会での議決権などに関し、普通株とは権利内容が異なる株式を指し、企業(株式会社)にとっては多様性のある資金調達を図ることが可能になっています。

現在、種類株には、議決権が制限される代わりに高い配当を受けられる「優先株」、配当や残余財産分配権などが制限されている「劣後株」、株主総会の決議を拒否できる「黄金株」など様々なタイプ(種類)があります。例えば、東証1部に上場する伊藤園では、普通株以外に、議決権なしで普通配当額×125%(未払い分は累積)の優先配当のある優先株を発行し、上場しています(株価は、普通株と優先株では異なる)。

一般に企業の株主は、保有する株式数に応じて同じ権利内容を持つのが原則ですが、2006年5月に施行された会社法では、例外として、一定の範囲と条件のもとで、権利内容が異なる複数の「種類株」を発行することを認めています。また、実際に種類株を発行するには、企業の定款に明記する必要があります。

なお、普通株は一般的な株式ですが、種類株が発行されると、普通株も権利内容がその株式と異なることになるため、種類株の一つと見なされることになります。