失権株

読み方: しっけんかぶ
分類: 会社・経営|株式

失権株は、会社が株主割当の有償増資を行った際に、株主がその権利を放棄し、払込みに応じなかった新株のことをいいます。これは、株主が新株引受権を取得した後で払込みを行わず、新株引受権を放棄することによって権利を失ったものです。

一般に新株引受権は、あくまで権利であって、株主は割当増資に応じる義務がないため、取得後に自由に放棄することができます。例えば、業績が悪く、株価が低迷する会社が増資する場合、払い込みに応じない株主が増えることもあります。

なお、失権株が多く出ると、当初予定した資金が調達できなくなり、この場合、公募して再募集したり、株主以外の第三者に割り当てたりすることがあるほか、当初予定した調達額を諦めて、失権株を切り捨てることもあります。