ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)

英語名: Life Cycle Assessment (LCA)
分類: 会社・経営|環境問題

ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)は、製品やサービス、さらには社会的システムの環境への影響を評価する手法をいいます。これは、対象とする製品を産み出す資源の採掘から製品の製造・流通だけでなく、製品の使用・廃棄・リサイクル段階までの全過程を考慮し、資源消費量や排出物量を求め、その環境への影響を総合的に評価するものです。通常、環境アセスメントでは、主に大規模開発などによる環境への影響を予め評価することが目的なのに対して、LCAでは、主に個別の製品の製造・輸送・販売・使用・廃棄・再利用までの各段階における環境負荷を明らかにし、その改善策をステークホルダーとともに議論し検討します。

一般にLCAは、製品のライフサイクルでの物やエネルギーのやりとり(連鎖)を考えると共に、その結果生じる環境負荷を考えることが大きな特徴となっています。また、製品の環境効率性(環境調和性)を評価する手法としてISOで国際規格化され、既に多くの企業などで幅広く利用されています。ちなみに、その歴史は、1969年に米コカ・コーラ社がミッドウェスト研究所(現:フランクリン研究所)に委託して行った、リターナブル瓶と飲料缶の環境負荷評価が始まりと言われています。

<LCAの構成(ISO規格)>

1.目的・調査範囲の設定

実施目的を明らかにし、調査範囲を決定する。

2.インベントリ分析

ライフサイクルの各段階におけるインプットデータやアウトプットデータをライフサイクル全体で計算する。

3.影響評価

インベントリ分析で得られた結果を地球温暖化や大気汚染といった環境影響項目に分類し、各項目ごとに環境への影響度を評価する。

4.解釈

インベントリ分析や影響評価から得られた結果を基に、環境に与える影響や考えられる改善点等をまとめる。