自社株消却

読み方: じしゃかぶしょうきゃく
分類: 会社・経営|株主還元

自社株消却は、「自己株式の消却」や「株式消却」とも呼ばれ、企業が自ら買い戻した自社の株式(自己株式)を消滅させることをいいます。また、自己株式とは、「金庫株」とも呼ばれ、株主総会の決議に基づき、企業が発行した自社の株式について、発行後にその企業自身が自社の株式を取得し、保有している株式のことをいい、現在、無期限かつ数量に制限なく保有が認められ、また取締役会の決議により、新株発行として再度放出することも、消却することも可能となっています。

一般に自社株消却では、マーケット(市場)に出回る株式が減少し(流通する株式の需給関係を適正な状態に戻し)、また一株当たり利益株主資本利益率(ROE)などが改善されるため、株価の上昇が期待でき、市場からは好感されることが多く、今日では株主還元の一つとして位置付けられています。また、企業側にとっても、発行済株式数の減少により、株式の配当負担を軽減できるなどの財務上のメリットがあります。

なお、自社株消却は、1994年の商法改正により実施が認められたもので、要件の緩和が順次進められ、2001年の商法改正で「金庫株」が解禁されたことにより、自社株消却は「金庫株」の規定によるものとなりました。その後、2006年に施行された会社法に引き継がれ、株式会社は金庫株(自己株式)を償却することができるとし、また償却する自己株式の種類と数を定めなければならないとしています。