自己株式

読み方: じこかぶしき
英語名: Treasury stock
分類: 会社・経営|株式

自己株式は、「金庫株」とも呼ばれ、株主総会の決議に基づき、企業が発行した自己の株式(自社株)について、発行後にその企業自身が自社株を取得し、保有している株式のことをいいます。かつては、企業が自社株を取得できるのは、消却やストックオプションなど特定の目的の場合に限定されていましたが、2001年の商法改正で自己株式が解禁され、以後は機動的に自社株買いを行うことができるようになりました(今日では、会社法に規定されている)。

現在、自己株式では、実際に保有する自社株について、無期限かつ数量に制限なく保有が認められ、さらに取締役会の決議により、新株発行として再度放出することも、消却することも可能となっています。その一方で、意図的に株価をつり上げたりする相場操縦的行為の防止や取引の公正な確保などの観点から、自社株の買付けにあたっては、一日に注文できる数量や値段などについて明確なルールが設けられています。なお、金融商品取引法では、自己株式の取得や消却は、株価に影響を与える可能性があるため、インサイダー取引規制上の重要事実として規定されています。

一般に自己株式を企業が消却すると、発行済株式数が減少するため、一株当たりの利益や資産価値を向上させることができます。また、一株当たりの配当金の増加などが期待できるため、株価の下支え効果を期待することもできます。

<自己株式の取得の主な目的>

・資本効率の向上を通じた株主利益の拡大
・単元未満株式の買増制度への対応
・ストックオプション制度の活用(権利行使に備えた事前保有)
・機動的な企業組織の再編(株式交換株式分割合併等への利用)
・持ち合い株式の解消の一時的な受け皿
・将来の株価の下落や意図しない買収への予防策