説明責任

読み方: せつめいせきにん
英語名: Accountability
分類: 会社・経営|責任

説明責任は、「アカウンタビリティ」とも呼ばれ、政府や行政、企業、医療機関、団体などの組織において、権限や責任のある者が、自分のしたことや、組織としてすることを怠ったことが招いた結果について、対外的に合理的な説明を行う責務をいいます。これは、企業においては、狭義では、経営者が、株主・顧客・従業員などのステークホルダーに対して、経営方針や資金使途、業務内容、財務情報など、その活動の結果について報告して納得させる責務のことをいい、また広義では、企業の社会性を考慮し、消費者・地域住民・取引業者等までステークホルダーの範囲を拡大した社会的な説明責任のことをいいます。

今日では、不正会計や不法行為などの企業の不祥事が明るみに出る度に、コーポレートガバナンスや説明責任の欠如がマスコミ等によって糾弾され、説明責任が確立されていない企業は、社会から厳しい評価(制裁)を受けるようになっています。このような背景により、経営者(トップ)は、適正な財務諸表等の開示、有効な内部統制システムの構築、適切な監査の実施などにより、株主等に対する「説明責任」を遂行すると共に、経営者から権限を委譲された管理者や担当者も、経営者に対する「説明責任」を遂行し、経営の透明性を確保することがより重要になってきています。