代物弁済

読み方: だいぶつべんさい
分類: 債権・債務

代物弁済は、債務者債権者の承諾を得て、債務の内容として負担する本来の給付に代えて、他の給付で債務を消滅させることをいいます。

現在、民法の第482条において、「債務者が、債権者の承諾を得て、その負担した給付に代えて他の給付をしたときは、その給付は、弁済と同一の効力を有する」と記されており、代物弁済では、本来の給付 (弁済) が行われたのと同様に債務が消滅します。

代物弁済の例(企業間取引)