嫡出子

読み方: ちゃくしゅつし
分類: 子ども

嫡出子は、「婚内子」とも呼ばれ、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子をいいます。これは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれることを意味する「嫡出」に由来する用語で、また戸籍においては、父と母の名前が記載されます。

一方で、嫡出子に対して、法律上の婚姻関係にない男女から生まれた子を「非嫡出子(婚外子)」と言い、原則として母親の戸籍に入り、父親の名は記載されません。

<民法:嫡出の推定(第772条)>

1.妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2.婚姻の成立の日から二百日を経過した後、又は婚姻の解消、若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。