官庁

読み方: かんちょう
分類: 役所

官庁は、国家の事務について、国家の意思を決定し表示する権限を有する国家機関をいいます。これは、機能的観点から、補助機関や諮問機関、執行機関などに対比されるもので、また組織上(構成する官吏の数)では、内閣総理大臣や各省大臣など「独任制のもの(1名の自然人から構成)」と、内閣や行政委員会など「合議制のもの(複数名の自然人の合議体により構成)」があります。

一般に本用語(官庁)は、ニュース等でも日常的に使われており、また「官庁街」や「監督官庁」、「関係官庁」、「所轄官庁」といった複合語もよく使われます。なお、官庁は、管轄する区域(権限の及ぶ範囲)によって「中央官庁」と「地方官庁」、権限の対象によって「行政官庁」と「司法官庁」、また事務の内容(特殊性)によって「普通官庁」と「特別官庁」とに分けられます。