補欠選挙

読み方: ほけつせんきょ
分類: 日本経済|選挙

補欠選挙は、「補選」とも呼ばれ、国会や地方議会の議員の辞職・失職・死去などに伴い、欠員が出た際に定員を補充するために実施される選挙をいいます。これは、公職選挙法においては、繰り上げ補充ができない場合や欠員が一定数に達した場合に行われる選挙で、また既に議員であっても、選挙違反などにより、当選や選挙自体が無効となった場合は「再選挙(選挙のやり直し)」となります。(補選の当選者の任期については、前議員の残りの在任期間となる)

現在、衆議院と参議院の国会議員に欠員が出た場合は、原則として春と秋の年二回にまとめた「統一補選」となっています(衆院選に小選挙区制が導入されたことで急増したため、2000年に公職選挙法が改正)。また、国会議員の補欠選挙では、春と秋のどちらに該当するかは欠員の生じた時期により異なり、9月16日から翌年3月15日までに選挙区で欠員が生じた場合は4月の第4日曜日に、3月16日から9月15日までに選挙区で欠員が生じた場合は10月の第4日曜日が投票日となります。

なお、都道府県知事や市区町村長が死亡や退職(辞職)した時は、補欠選挙ではなく、一般の選挙として行われます。