統一地方選挙

読み方: とういつちほうせんきょ
分類: 日本経済|政治

統一地方選挙は、「統一地方選」とも呼ばれ、地方公共団体の議会の議員及び首長の選挙を、全国的に期日を統一して行う選挙をいいます。これは、1947年(昭和22年)4月に、同年5月の日本国憲法施行を前に首長・議会議員選挙が実施されたことが始まりです。通常、4年に1度、当該年の4月に行われ、上旬に都道府県知事や政令指定都市の市長、及びそれぞれの地方議会議員選挙が、一方で下旬に政令市以外の市町村(東京都の特別区含む)の首長、及びそれぞれの地方議会議員選挙が行われます。

一般に都道府県の知事、市町村の長、及び地方議会の議員の任期は全て4年とされており、首長の任期途中での辞職や議会の解散などの特別な事情がなければ、文字通り全国一斉の選挙となります。本来、これらの選挙日は、それぞれの都合で決めることが可能となっていますが、全国的にまとめて選挙を実施することによって、選挙事務の円滑な執行や費用の節減を図ったり、有権者の地方選挙に対する関心を高めたりするなどのメリットがあります(近年では、統一地方選挙の統一率は低下傾向)。また、この統一地方選挙の結果は、政権与党の状況などによっては、国政にも大きな影響を及ぼすことがあります。

なお、2000年(平成12年)に公職選挙法などが改正されて、下旬の選挙日には、衆議院議員および参議院議員の補欠選挙もあわせて実施されます。