ダイベストメント

英語: Divestment
分類: 概念

ダイベストメント(Divestment)は、本来(英語)の意味は、売却や処分をいいます。これは、投融資の世界においては、環境に悪影響を及ぼす可能性のある企業等の株式・債券の売却や融資の引き揚げ・停止などを意味することが多く、日本語では「投資撤退」と訳されます。

一般にダイベストメントは、2015年に地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」や「SDGs」が採択されたのを契機に、環境問題という視点で世界的に普及していきました。

◎石炭・火力発電や石油・ガスなどの環境負荷の高い企業等を単に買わないだけでなく、積極的に売り切る(引き揚げる)ところまで踏み込む判断となっている。

◎市場(投資家・金融機関等)の圧力により、気候変動リスクにつながる産業を縮小させると共に、事業転換を促していく狙いもある。