ネガティブキャリー

英語: Negative Carry
分類: キャリー取引

ネガティブキャリーは、株式や債券などの現物の調達コストが運用収益を上回っている状態をいいます。

具体的には、現物を取得するのに必要なコスト(短期金利等)から、現物を取得することで得られる収入(受取利子・配当等)を差し引いた数値である「キャリーコスト」が正の値(プラス)になっている局面を指します。

◎ネガティブキャリー:キャリーコストがプラス

例えば、株式の指数連動運用においては、株価指数を構成する株式バスケットを買い持ちにするための資金調達費用(短期金利)の方が、その株式バスケットからの受取収入(配当利回り)よりも大きいことを意味します。

一般にネガティブキャリーの場合、先物の理論価格は現物価格よりも高くなり、仮に現物価格が変動しないとすると、先物の取引最終日が近づくにつれて、先物価格は現物価格に追随して下落し、ゼロの値に近づきます(先物の理論価格は、現物価格にキャリーコスト分を加えたものと言える)。