預かり資産

読み方: あずかりしさん
分類: 資産管理

預かり資産は、金融機関等が顧客から預託を受けた資産のことをいいます。これは、銀行や証券会社、外国為替取引会社、商品先物会社などの金融機関等が、顧客から預かっている、株式や債券、投資信託、現金などの資産を指します。

また、預かり資産の総額については、その金融機関等の「顧客の規模」を示す指標としても見ることができます。

一般に預かり資産は、金融機関等の資産とは別のものであり、通常、分別管理することで保護されていますが、一方で預かり資産の種類や金融機関等の所属業界によって保護の仕組みが異なっています。

そのため、実際の取引にあたっては、預かり資産の保護の仕組みをよく理解した上で、保護に問題(不安)のない先を選択することが重要となります。